中国製ジャーキーに起因する健康被害(農林水産省より注意喚起)

ペットフード comments(0) -
農林水産省九州農政局より中国製ジャーキーに起因する健康被害の注意喚起の書類が届きましたので、ブログにアップしたいと思います。

当ショップでは中国製フードは扱っておりません

今般、米国食品医薬品局(FDA)より、2007年以降米国において継続している中国製のペット用ジャーキーに起因すると思われる健康被害の最新情報が公表されました。


主に中国産ペットジャーキー(鶏肉、あひる、さつまいも等)により昨年秋の公表以降も約1800件の疾患の発症報告があったそうです。



FDAはジャーキーによるペットの健康被害に関する調査を継続しているがまだ原因の特定には至っていません


2014年5月1日までに、病気になった報告数(累計)は4800件以上であり、そのほとんどが中国産ジャーキーを食べたペットである。


病気の報告例は犬が5600頭以上、猫24頭、人が3人で、



犬では1000件以上の死亡が報告されています。



症状の内訳は約60%が胃腸や肝臓の病気、約30%が腎臓や泌尿器の病気、残り10%は神経、皮膚、免疫症状等です。


犬26頭について、死亡後に解剖検査をした結果、13頭はジャーキーとの関連はみられなかったが、残り13頭はジャーキーとの関連が否定できなかつた。11頭は腎臓病の兆候が、2頭は胃腸病の兆候が見られた。


検査の結果、抗ウイルス剤のアマンタジンが含まれる中国製ジャーキーが見つかっており、アマンタジンは人用の抗ウイルス剤としてFDAが承認しており、これがペットの病気の原因とは考えていないが、ジャーキーに含まれる物質ではない為、中国政府に通知した。


今後、アマンタジンやその他の抗ウイルス剤についての検査を実施する。


FDAはバランスのとれた食事にはジャーキーは必要ないとはしていますが、おやつを与えないという事が難しい家庭には(我が家)品のよいおやつを与えてあげるといいと思います。



もしかして今わんちゃんに出ている皮膚や神経、免疫症状が中国製のジャーキーからだったとしたら。。。。


今は本当に中国製は止めましょうね。


**********************************



1・中国製のささみジャーキーを輸入して日本でふりかけ等に加工する。


2・中国製のささみジャーキーを水洗い後、トリミング後再度乾燥させてジャーキーにする。


3・中国製のドライフードをフレーバーをまぶしたフード。


は原産は中国となります。





手作りはダメなのか?

ペットフード comments(0) -
新聞で「手作り食は危険」という内容が掲載され、現在手作り食を継続されている方で心配されている方がいらっしゃるかもしれません。

獣医の方でも手作り食を推奨されている方、栄養が偏る事を理由にドライフードを推奨されている方がいらっしゃいます。

今から書く事はあくまでも私の個人的意見だと思ってご覧いただければ幸いです。

たしかに手作り食ではビタミン、ミネラル、その他栄養面で偏る事があるかもしれません。メニューは似通った物になる事も多いでしょうし、脂質の供給が少なくなる可能性はあるとは思います。

又、手作り食を続けているとドライフードを食べなくなるから、いざという時に飼い主が困るという考えもあります(事故や天災などの時)

でも、手作り食に移行しアレルギーや皮膚疾患が良くなるわんちゃんがいる事は事実ですし、良質美味しいドライフードであれば、手作り食にしていてもワン子は美味しく食べてくれます。

我が家も1日2食の食事の片方はmeef-dogで販売しているドライフードにする事が多いのですが、普通に美味しそうにポリポリと食べてくれます。

総合栄養食のドライフードだけで食事は充分であり、生肉や手作り食は贅沢だと思われる方も多いと思いますが、本当にそうなのでしょうか?

カロリー計算も楽で、器も汚れないし、乾燥した物をあげるだけなのでお口回りも汚れない食事は、飼い主はたしかに楽かもしれません。

又、手作り食でも病気になる子もいるでしょう。それはそのワン子のパパママ又その、おじいちゃん、おばあちゃんが粗悪な食生活をしていたせいではないかと私は思います。

日本のワン子達がドライフードを食べるようになり、その子孫に弊害が出てきている事は事実だと私は思います。

私達人間が食する物でも保存料や着色料が入っている食品は多いです。

同じ食事をとっていてもガンになる人、健康で天寿をまっとうする人がいます。

私は自分が良いと思う食事をワン子に与えていれば、たとえ家のワン子達が病気になっても自分では後悔はないと思います。

ワン子は同じ犬種でも体質は個々違うと思いますので同じ食事を与えていても、寿命はかわるとは思いますが、今の自分が安心して与えられる物を与え、それを美味しそうに食べてくれるのであれば、くどいようですがどんな事があろうとも後悔はしません。

それぞれ、考え方は違うかとは思いますが、ワン子に対する愛情は深いものをお持ちの方だと私は思います。

なんかいつものように、内容がわかりにくい部分があったかとは思いますがご容赦くださいませ。

手作りはダメなのか?

ペットフード comments(0) -
新聞で「手作り食は危険」という内容が掲載され、現在手作り食を継続されている方で心配されている方がいらっしゃるかもしれません。

獣医の方でも手作り食を推奨されている方、栄養が偏る事を理由にドライフードを推奨されている方がいらっしゃいます。

今から書く事はあくまでも私の個人的意見だと思ってご覧いただければ幸いです。

たしかに手作り食ではビタミン、ミネラル、その他栄養面で偏る事があるかもしれません。メニューは似通った物になる事も多いでしょうし、脂質の供給が少なくなる可能性はあるとは思います。

又、手作り食を続けているとドライフードを食べなくなるから、いざという時に飼い主が困るという考えもあります(事故や天災などの時)

でも、手作り食に移行しアレルギーや皮膚疾患が良くなるわんちゃんがいる事は事実ですし、良質美味しいドライフードであれば、手作り食にしていてもワン子は美味しく食べてくれます。

我が家も1日2食の食事の片方はmeef-dogで販売しているドライフードにする事が多いのですが、普通に美味しそうにポリポリと食べてくれます。

総合栄養食のドライフードだけで食事は充分であり、生肉や手作り食は贅沢だと思われる方も多いと思いますが、本当にそうなのでしょうか?

カロリー計算も楽で、器も汚れないし、乾燥した物をあげるだけなのでお口回りも汚れない食事は、飼い主はたしかに楽かもしれません。

又、手作り食でも病気になる子もいるでしょう。それはそのワン子のパパママ又その、おじいちゃん、おばあちゃんが粗悪な食生活をしていたせいではないかと私は思います。

日本のワン子達がドライフードを食べるようになり、その子孫に弊害が出てきている事は事実だと私は思います。

私達人間が食する物でも保存料や着色料が入っている食品は多いです。

同じ食事をとっていてもガンになる人、健康で天寿をまっとうする人がいます。

私は自分が良いと思う食事をワン子に与えていれば、たとえ家のワン子達が病気になっても自分では後悔はないと思います。

ワン子は同じ犬種でも体質は個々違うと思いますので同じ食事を与えていても、寿命はかわるとは思いますが、今の自分が安心して与えられる物を与え、それを美味しそうに食べてくれるのであれば、くどいようですがどんな事があろうとも後悔はしません。

それぞれ、考え方は違うかとは思いますが、ワン子に対する愛情は深いものをお持ちの方だと私は思います。

なんかいつものように、内容がわかりにくい部分があったかとは思いますがご容赦くださいませ。

手作りおやつ

ペットフード comments(0) -
忙しい毎日を過ごしている私ですが、どんなに忙しくてもワン子達の為の時間を優先して生活しております。

ワン子ご飯を手作りに変えました私ですが、おやつはここ何年間か市販の物をあたえてました。

ハードささみ、ハード砂づり、ささみ巻きガム、グリニーズ、いろいろ大量に買ってましたね〜

でも食を考えるようになって、保存料など有害な薬品の事がとても気になりだしました。

やっぱり私が自分で選んだ素材を自分で加工するのが、一番だと思いさっそく2種類のおやつを作ってみました。

1品目は国産の豚のしっぽと豚の耳
(しっぽはウインナー風、耳はグロテスクです)


こちらもキッチンはさみや包丁で適当に切ってからグリルでじっくりと焼き上げました



市販の豚耳やテールは脂くさいですが、手作り品は香ばしい豚の匂いが鼻の良いワン子達にはたまらなかったらしく、キッチンで「まだですか〜」とおすわりして待つ程でした。


次は宮崎県産の鶏ささみをじっくりグリルしてみました。
茹でるより鶏の旨味が逃げ出さないので、ワン子達も大喜びです。




かなり大きめのささみもグリルするとちょっと小さくなってしまいましたが、その分味が濃厚になって味付けはしていなくてもうまうまの一品となりました
自分でも食べましたが、我ながら美味しくできたと思いましたよ。


幸せそうに自分が作ったおやつを食べてくれる姿を見ると、嬉しくなりますし、又美味しい物を頑張って作ってあげなくっちゃ。
これからもいろんなおやつにチャレンジしていきたいと思います。

手作りおやつ

ペットフード comments(0) -
忙しい毎日を過ごしている私ですが、どんなに忙しくてもワン子達の為の時間を優先して生活しております。

ワン子ご飯を手作りに変えました私ですが、おやつはここ何年間か市販の物をあたえてました。

ハードささみ、ハード砂づり、ささみ巻きガム、グリニーズ、いろいろ大量に買ってましたね〜

でも食を考えるようになって、保存料など有害な薬品の事がとても気になりだしました。

やっぱり私が自分で選んだ素材を自分で加工するのが、一番だと思いさっそく2種類のおやつを作ってみました。

1品目は国産の豚のしっぽと豚の耳
(しっぽはウインナー風、耳はグロテスクです)


こちらもキッチンはさみや包丁で適当に切ってからグリルでじっくりと焼き上げました



市販の豚耳やテールは脂くさいですが、手作り品は香ばしい豚の匂いが鼻の良いワン子達にはたまらなかったらしく、キッチンで「まだですか〜」とおすわりして待つ程でした。


次は宮崎県産の鶏ささみをじっくりグリルしてみました。
茹でるより鶏の旨味が逃げ出さないので、ワン子達も大喜びです。




かなり大きめのささみもグリルするとちょっと小さくなってしまいましたが、その分味が濃厚になって味付けはしていなくてもうまうまの一品となりました
自分でも食べましたが、我ながら美味しくできたと思いましたよ。


幸せそうに自分が作ったおやつを食べてくれる姿を見ると、嬉しくなりますし、又美味しい物を頑張って作ってあげなくっちゃ。
これからもいろんなおやつにチャレンジしていきたいと思います。

手作り食

ペットフード comments(0) -
ペットの食事を手作り食にするというと「え〜大変そう」「栄養面を考えるのと作るのが大変」と思われる方が多いと思います。

実際以前の私もそう思っていました。
ドライフードの方が栄養面でも安心だし、食べていても何のトラブルもないしな〜と。

でも自分自身でいろいろ勉強を積み重ねていく上で、あ〜これってワン子の身体の中から
レスキューを求めていたんだなと思う事があります。

我が家で手作り食に変えたのは、おはずかしいですがまだ2ヶ月です。
でもたった2ヶ月でもワン子達の変化は見てとれます。

一番の年長犬は6才なのですが、年令が若返ったかのように皆とボールを取り合って遊んだり、ちびワン子に遊ぶよ〜と誘ったりするようになりました。

娘達も「ランなんか若がえったんじゃない?」なんて言ってます。

目やにや涙目は他の子達も以前に比べると、ほとんど出なくなりました。
嬉しい変化です。

私はどちらかと言うとおおざっぱな性格ですので、手作りといっても御飯に馬肉フード、それにおからを入れたり、生肉がある時はトッピングしたりします。

新鮮な内臓が手にはいった時は茹でてあげたりする事もありますが、あまり「今日のフードにはビタミンがたりないわ、魚類はどうしよう、栄養素がたりないかも」とか考えません。

ビタミンは旬の果物をあげたり、野菜は旬の野菜をある時に加えればいいと思っているのです。旬の食材には力があるのですよ。

人間も1日30品目必要と言われていますが、それを毎日取れている人はそんなにいないのではないでしょうか?昔の人は一汁一菜と質素な食事でほとんどの人が生活していましたが、その時代は癌になる人もアレルギーになる人も少なかったと思います。

普段はフランス料理ばかり食べている人でも、たまにはお茶漬けの食事をしたいと思うのではないでしょうか?

ペットフードの広告に踊らされて、ペットの栄養…栄養と惑わすぎている人が多いのでは?

ペットの手作り食も時間がある時は、野菜と鶏肉などを多めにポトフ風に煮て余った物を
冷凍保存しても良いでしょうし、新鮮なお肉が手にはいった時はそれを+してもよいのです。

毎日総合栄養食をあげなければならないという事はないと私は思います。

いつものドライフードにトッピングするだけでも、愛情のこもった手作り食ではないでしょうか?

「気楽に楽しく作って健康に」が私の手作り食のモットーです。

手前味噌になりますが、いろんなお肉をあげますが、ワン子達が一番好きなのは
baniku foodです。器まで綺麗になめるのはこのレトルトだけです。
馬肉のすじ、すね、小間、アキレスといろんな部位を使って、高圧高温調理してあるので
旨味が十分でているからでしょうね。

皆さんも気負わずに、自分で楽に出来る手作り食から始めましょう。

手作り食

ペットフード comments(0) -
ペットの食事を手作り食にするというと「え〜大変そう」「栄養面を考えるのと作るのが大変」と思われる方が多いと思います。

実際以前の私もそう思っていました。
ドライフードの方が栄養面でも安心だし、食べていても何のトラブルもないしな〜と。

でも自分自身でいろいろ勉強を積み重ねていく上で、あ〜これってワン子の身体の中から
レスキューを求めていたんだなと思う事があります。

我が家で手作り食に変えたのは、おはずかしいですがまだ2ヶ月です。
でもたった2ヶ月でもワン子達の変化は見てとれます。

一番の年長犬は6才なのですが、年令が若返ったかのように皆とボールを取り合って遊んだり、ちびワン子に遊ぶよ〜と誘ったりするようになりました。

娘達も「ランなんか若がえったんじゃない?」なんて言ってます。

目やにや涙目は他の子達も以前に比べると、ほとんど出なくなりました。
嬉しい変化です。

私はどちらかと言うとおおざっぱな性格ですので、手作りといっても御飯に馬肉フード、それにおからを入れたり、生肉がある時はトッピングしたりします。

新鮮な内臓が手にはいった時は茹でてあげたりする事もありますが、あまり「今日のフードにはビタミンがたりないわ、魚類はどうしよう、栄養素がたりないかも」とか考えません。

ビタミンは旬の果物をあげたり、野菜は旬の野菜をある時に加えればいいと思っているのです。旬の食材には力があるのですよ。

人間も1日30品目必要と言われていますが、それを毎日取れている人はそんなにいないのではないでしょうか?昔の人は一汁一菜と質素な食事でほとんどの人が生活していましたが、その時代は癌になる人もアレルギーになる人も少なかったと思います。

普段はフランス料理ばかり食べている人でも、たまにはお茶漬けの食事をしたいと思うのではないでしょうか?

ペットフードの広告に踊らされて、ペットの栄養…栄養と惑わすぎている人が多いのでは?

ペットの手作り食も時間がある時は、野菜と鶏肉などを多めにポトフ風に煮て余った物を
冷凍保存しても良いでしょうし、新鮮なお肉が手にはいった時はそれを+してもよいのです。

毎日総合栄養食をあげなければならないという事はないと私は思います。

いつものドライフードにトッピングするだけでも、愛情のこもった手作り食ではないでしょうか?

「気楽に楽しく作って健康に」が私の手作り食のモットーです。

手前味噌になりますが、いろんなお肉をあげますが、ワン子達が一番好きなのは
baniku foodです。器まで綺麗になめるのはこのレトルトだけです。
馬肉のすじ、すね、小間、アキレスといろんな部位を使って、高圧高温調理してあるので
旨味が十分でているからでしょうね。

皆さんも気負わずに、自分で楽に出来る手作り食から始めましょう。

ペットフードの添加物

ペットフード comments(0) -
市販のペットに使われている添加物

栄養バランスを整える添加物
品質を保持する為の添加物
ペットの食欲を喚起したり、見栄えをよくする添加物

この内ビタミン・ミネラル・アミノ酸類は原材料にふくまれているものですが
製造の行程でほとんど消え失せてしまうため添加せざるを得なくなります。

その他に

ドライフードに使用されている油脂、酸化防止剤、合成着色料、着香料、乳化剤、発色剤

さらにさらに

防カビ剤、安定剤、ゲル化剤、凝固剤、軟化剤、膨張剤

こんなにフードの中に含まれています。(恐い)

一番の悪は酸化防止剤の御三家は「エトキシキン・BHA・BHT」。
いずれも発ガン性が指摘されている物質です。

中でもエトキシキンはあのベトナム戦争で枯葉剤の成分として知られ、日本では人間の食材はおろか農薬等への使用も禁止されています。
(枯れ葉剤の薬害はニュース等で御存知の方も多いと思います)

日本で使われる為、船便でやってくるフードには酸化防止剤がどうしても必要となってきます。

巷でこの御三家の名前が知られた事もあり、自然派保存料使用とする表示が増えてきました。主にビタミンC及びEを使用する事で代用としていますが、こうした天然の酸化防止剤は利き目が弱く、ペットフードが示している長期保存にたえ得るものではないという。

海外製造のペットフードにはとうもろこしの芯が安いので使われます。しかし嗜好性が悪いので油であげるか吹き付けてコーティングされます。

その油だらけのフードを〜2ヶ月かけて日本に運んでこられる物が、ビタミンCなどの力だけで酸化を防げるわけはないのではないでしょうか?

表示に御三家は使用していないと言いながらも、使用しているかもしれないのです。

又船便ではいってきたフードをメーカーは保存性を高める為と説明していますが、本当はフードに入っている異物を取り去る為とも言われています。そのままではとても出荷できないフードだからなのです。

異物というのはビニールのきれっぱし、留め金、動物の毛や爪だったりします。

ペットフードだから許されるのでしょうか?

私のブログを見てくださっている方だけでも、現実を分かって欲しい…

ペットフードの添加物

ペットフード comments(0) -
市販のペットに使われている添加物

栄養バランスを整える添加物
品質を保持する為の添加物
ペットの食欲を喚起したり、見栄えをよくする添加物

この内ビタミン・ミネラル・アミノ酸類は原材料にふくまれているものですが
製造の行程でほとんど消え失せてしまうため添加せざるを得なくなります。

その他に

ドライフードに使用されている油脂、酸化防止剤、合成着色料、着香料、乳化剤、発色剤

さらにさらに

防カビ剤、安定剤、ゲル化剤、凝固剤、軟化剤、膨張剤

こんなにフードの中に含まれています。(恐い)

一番の悪は酸化防止剤の御三家は「エトキシキン・BHA・BHT」。
いずれも発ガン性が指摘されている物質です。

中でもエトキシキンはあのベトナム戦争で枯葉剤の成分として知られ、日本では人間の食材はおろか農薬等への使用も禁止されています。
(枯れ葉剤の薬害はニュース等で御存知の方も多いと思います)

日本で使われる為、船便でやってくるフードには酸化防止剤がどうしても必要となってきます。

巷でこの御三家の名前が知られた事もあり、自然派保存料使用とする表示が増えてきました。主にビタミンC及びEを使用する事で代用としていますが、こうした天然の酸化防止剤は利き目が弱く、ペットフードが示している長期保存にたえ得るものではないという。

海外製造のペットフードにはとうもろこしの芯が安いので使われます。しかし嗜好性が悪いので油であげるか吹き付けてコーティングされます。

その油だらけのフードを〜2ヶ月かけて日本に運んでこられる物が、ビタミンCなどの力だけで酸化を防げるわけはないのではないでしょうか?

表示に御三家は使用していないと言いながらも、使用しているかもしれないのです。

又船便ではいってきたフードをメーカーは保存性を高める為と説明していますが、本当はフードに入っている異物を取り去る為とも言われています。そのままではとても出荷できないフードだからなのです。

異物というのはビニールのきれっぱし、留め金、動物の毛や爪だったりします。

ペットフードだから許されるのでしょうか?

私のブログを見てくださっている方だけでも、現実を分かって欲しい…

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM