気管虚脱

病気 comments(0) -
あっと言う間に11月も中旬となりました。


早いです、年々早くなるように感じるのはそれだけ年をとってきたという事でしょうね。しょんぼり


今日はわんこの「気管虚脱」についてアップしたいと思います。


実は我が家のわんこ「気管虚脱」という事が今日わかりました。

*********************************


気管虚脱とは

気管の内腔が著しく狭くなり、咳や呼吸困難を引き起こす疾患で、犬でよく見られ、小型犬に多い病気です。


また、パテラのようにグレード1〜4迄あり、気管虚脱は進行すると呼吸困難から死亡することもあります。


遺伝や老化、肥満が原因と考えれていますが、はっきりとした原因は解明されていません


治療は咳の消失あるいは軽減を目的とする鎮咳剤を用いるが、その他症例に応じて鎮静剤、気管支拡張剤の投与、酸素吸入を行う。

内科的治療の効果が認められない場合は外科手術の適応を検討する。



*********************************



我が家のわんこはここ2日程、夜寝ている時に咳をするようになりました。
夜間のみで昼間はしませんでした。


咳は「ほふ、ほふ、ぐえっ」という感じの咳で、まさかケンネルコフではないだろうけど、病気ならなんでも早目という性格なので、今朝獣医さんへ連れていきました。


※ネットではがちょうのような鳴き声の咳という表記が多かったですが、家の子は違いました。


先生の診察で「気管虚脱」という事が解り、グレードは1という事で、まずは毎週注射を1カ月(4回)続けてその後は様子を見る事になりました。
※最悪の場合であれば手術になるそうです。


私としては早く見つけてあげられてよかったと思っています。


先生曰く、早い子は3歳から発症し、小型犬プードル、チワワ、ヨークシャーテリアのわんちゃんの発症は多いそうです。


小型のわんちゃんがご家族のママさん、咳をするのを見つけたらもしかしたら気管虚脱という事もあると思いますので、早目に獣医さんへ連れて行ってくださいね。



今年は我が家のわんこ達の病気の発症が続きましたが、これはもしかしたら私が病気になるのを代わりにわんこ達が病気になってくれているのかもしれないと思うようになりました。



今、元気にこのお仕事をできるはわんこ達のおかげでもありますので、私にできる事は何でもしてあげようと思います。



二人のわんこの病気が見つかりましたが、二人共毎日元気に散歩をし、御飯をぱくぱく食べて、とても病気のわんことは思えません。


いつまでもこんな元気な姿でいられますように。。


私も頑張ります。
  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧
      コメントする

       

      無料ブログ作成サービス JUGEM