イギリスでチワワ盗難

ペット comments(0) -
テレビを見ているとわんこがからんだ事件や事故があると、目がぐいっと引き込まれますが、昨日?イギリスでチワワ5匹の盗難事件のニュースを見ました。

私はニュースの中で世界一になったチワワと言っていたので、どんなわんちゃんかな?と見てみるとまだ1歳2カ月のカワユイチワワちゃんでした。

※正しくは、世界最大の英ドッグショー「クラフツ(Crufts)」で「ベストパピー賞」を受賞したチワワ。


名前はジナちゃん。今どこにいるの?







下記記事はAFP BBNewsより***********


英国北部ドリフィールド(Driffield)近郊の民家で先週、チワワ5匹が強盗グループに連れ去られ、警察が犯人を捜している。盗まれたチワワの中には、世界最大の英ドッグショー「クラフツ(Crufts)」で受賞した犬もいるという。


被害に遭った民家の所有者、マル・ヒルトン(Mal Hilton)さんによると、強盗グループは10日、鉄の棒で窓を割って家に侵入したという。


連れ去られたチワワのうちの1匹で、生後14か月になるロングコートチワワの「ジナ」は、先月開催されたドッグショーに「バレンチノ・メイドオブ・キャンディー」のショーネームで出場し、「ベストパピー賞」を受賞した。


犬の被害総額は数万ポンド(1万ポンド=約170万円)とみられるが、ヒルトンさんはむしろ犬に危害を加えられる可能性の方を心配しており、「どこか安全な場所に犬を引き渡してほしい」と訴えている。


地元警察の報道担当者も、犬たちを飼い主の元に帰すべきだとし、この事件を「ハッピーエンド」で終わらせるために、何か心当たりのある人は警察に至急連絡するよう呼びかけている。(c)AFP


*****************************


盗まれた5匹のうちにはベストパピーを受賞したジナちゃんと、その母親、そしておばあちゃんもいるそうです。



子犬には母親のDNAが多く遺伝するとも言われていますので、それを狙ってジナちゃんの系統を盗んだのだとしたら。。。



血筋をわかって盗んでいるとすると、ある程度の販売経路を見込んで盗んだのか?



それとも盗難を頼まれたのか?


ブリーダーはこの子を作り出すために長年かかってこられたと思いますがから、今は気が気ではないでしょう。



早く帰ってきて欲しいですね。


嫌らしい話ですが、バブル期ほどではないでしょうが日本に転売されたらかなりの金額になるのでしょうね。バブル期だったら数千万?(買う人がいれば)



※私は為替レート、1万ポンド=約170万円となっているのを見て、円安を実感。
 円高の時は1〜2年前は1万ポンド=約130万円ぐらいでしたよ。

 あ〜イギリスからの輸入品は本当に高くなりました。。。
  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧
      コメントする

       

      無料ブログ作成サービス JUGEM