注射の後

comments(0) -
4月はわんこ達の狂犬病注射の季節ですね。

我が家は往診専門の獣医さんに来てもらってます。


今年の熊本の狂犬病の観察

骨型です。




自分が安心と思うお家で注射されるので、家のわんこ達のその後はとてもわんこ達同志の仲が悪くなります。


注射を打たれたストレスを私(ボス)に言う事はできずに、仲間にそのストレスをぶつけるのです。


家のわんこ達の中で順位が下の子が標的になりやすいので、その子は自分でもわかるらしく私の所に避難してきます。


以前テレビで、アメリカ?で同じ家、同じ飼い主の普段は仲がよい犬達が殺し合い、結果二匹共亡くなったそうです。


何故犬達がそのような行動をとったのかを探っていくと、飼い主(ボス)から理不尽な事をされた(何だったのかは忘れました)ストレスを、飼い主に文句を言えないので、同じ仲間の犬同志で発散しその結果二匹共死んだのです。


私が見てもそれは犬達にはたまらんだろうと思ったのは覚えてます。


たしかそのような行動は○○○(これも名前を忘れました)と言われているそうです。




我が家のわんこ達の行動を見て、ふとその事を思い出しました。



殺し合いまでさせるようなストレスは絶対与えませんが、私をボスと思っている事はよくわかるわんこ達の行動でした。


  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧
      コメントする

       

      無料ブログ作成サービス JUGEM