奥歯のない老犬が時間をかけて食べられるおやつ※犬歯は左右あり

comments(0) -
ショップの副店長でもあり、我が家の長老犬であるラン(大きめトイプードル)は、以前もブログでも書きましたが、食痴呆です。


以前と同じように食べても満足しないらしく、寝ている以外はキッチンの自分のフードボールの前に座り、ご飯が欲しいと無言の催促をします。


待っていても気づいてもらえないとわかったら、


フードボールを前足で叩いて音をたてます



そんな姿を見るとやはり可愛そうと思ってしまい、ついついおやつをあげてしまってました。


彼女は奥歯が1本しかなく、その歯も歯周病になっているので使えません。
前歯(犬歯左右)はあります。


なので、食べやすいようにと柔らかめのおやつを与えてました。


食べやすい=すぐに食べ終わるので、満足感がないらしく食べても食べても欲しがりました。


そうやっておやつを与えていると、当たり前ながら太ってきました。


1週間に300g太らせた時に、かわいそうだからと与えすぎる駄目だと今さらながら思いましたが、全くおやつを与えない事は私には出来ません。
(はい。ばか親です)


で、考えたのは時間をかけて食べられるおやつにしてあげようという事です。


奥歯がないので、前歯でしか噛めない彼女は馬骨や乾燥アキレス等の硬すぎるおやつは食べれません。


そこで、馬食道ジャーキーを与える事にしました。


そのまま一枚は大きいので、カットして(手で簡単にカットできます)3〜4分の一を一回量です。




するとその小さいおやつを前歯を上手に使い、時間をかけて食べてくれます。


食べ終わる迄に時間がかかる事で、満足感がますのか?疲れるのか?そのまま食後に又おやつをねだる事が少なくなってきました。


ダイエットの方も毎日私と一緒に1時間は歩くので、痩せた〜という事はありませんが、がっちりとした体型を維持できています。


人間と同じで寝たきりにならないように、激しい動きはさせずにもくもくと歩かせます。


散歩コースも毎日違うようにして、刺激になるように、又なるべくいろんなワンちゃんのお手紙が嗅げるようにします。



今は耳もほとんど聞こえずに、目もはっきりと見えないようで鼻だけが彼女の力です。


人間の痴呆の方もそうかな?と思いますが、痴呆があるけど体はいたって健康なのです。


毎日、食欲旺盛、散歩大好き、よく眠る、快便。



それに、毎日美味しい馬肉のご飯をおやつを食べているおかげで、毛づやも艶々。

寝姿ですが。



先日も豆柴のレネちゃんママから

「ランちゃん、毛づやが艶艶しているね」と褒めてもらいました。

嬉しい。


ランも毎日満足してる?




それはよかった。


老犬になるといろいろと今までとは食事の事、その他にもいろいろと変えていかなくてはいけない事が出てきますよね。


我が家は前回ワクチンは全員8種を摂取しましたが、ラン娘イブ(12歳)は顔が腫れ、ランも元気がなくなりましたので、先生に相談して今年は6種を摂取しました。

※熊本ローカルな話ですが、城南より南はジステンバー?が昨年発生しているので、8種がいいそうです。



まだまだランには私のお相手を頑張ってもらいます(笑)





















  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧
      コメントする

       

      無料ブログ作成サービス JUGEM