綺麗でした。

熊本ローカル comments(0) - meefdog
熊本には阿蘇に樹齢400年余りの一心行の大桜という名前の桜があります。



名前の由来は

この地に築城された鶴翼城(かくよくじょう)に住み、熊本県の三角にある矢崎城の城代を兼任していた伯耆守惟冬は、1580年に薩摩の島津氏との戦いで、矢崎城で戦火で亡くなりました。


その妻子は主の死後少数の家臣とひそかに故郷の峯村に戻り、戦いに散った城主と家臣たちの御霊を弔うために桜の苗木を植え、一心に行をおさめたというところから「一心行」の名がついたとされています。


なかなか見に行くチャンスがなかったのですが、今年は雨も少なかったので丁度満開の時に行く事ができました。


日曜に満開になったというのもあり、すごい人が多かったです。









とても綺麗で迫力ある桜でした。


行ってよかったです。

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧
      コメントする

       

      無料ブログ作成サービス JUGEM