和犬のすばらしさ

comments(0) -
先日NHKBSで和犬について放送がされました。


我が家のわんこはトイプードルなので、トイプードルについては多少の知識はあっても他のわんこについては知らない事が沢山です。



なので興味津津でとてもおもしろいと思える内容で、なぜかわんこの番組を見ていると何故かすぐに感動して涙ぼろぼろになりながらの視聴となりました。



和犬といってもいろんな犬種があり性格もいろいろ、働きもいろいろあります。



ある町では柴犬が農作物を荒らす猿を撃退するために、日中田んぼの周りで放し飼いができるようにしたそうです。


そうすると柴犬達の働きはすばらしく、猿の被害が少なくなり最初は1匹だった柴犬も今では30匹にもなるほど多くなったそうです。


すばらしいぞ、柴犬(私はここでも涙)


柴犬について違う番組で、豆柴より小さい柴が小豆(あずき)柴という名前で販売されているそうです。


豆の次は小豆。


次はゴマ柴?


meefdogのお客様でアレルギーで悩んでいらっちゃる柴犬ちゃん達がいるのですが、共通して大豆にアレルギーがある子が多いです。


これも和犬だからなのか。。。



話はもどって


甲斐犬は一人の飼い主にしか心を許さないと言われ、忠義心が強く昔は山中の鹿がりとしての働きを主にしていたそう。


なので、後ろ足の脚力がものすごくすばらしく崖をぴょんぴょんと軽々とジャンプする姿を見る事ができました。


その他には神様として祭られる事になった犬のお話では、民衆が水不足で困っている時にその祭られている祠の近くから水が湧き出て、皆を救ったお話もあり、またまた涙する私。


一番印象に残っているのは、高野山の案内犬「ゴン」



皆さんも高野山を案内していた事をご存じの方は多いと思いますが、何歳で亡くなったのかはご存じないでしょ。



私、今回この番組でゴンの年齢を聞いてびっくりしました。


ゴンが亡くなった年は

なんと


なんと


27歳だったそうです。


亡くなってから?ゴンの飼い主さんがわかって、それから計算すると27歳になったそうです。


にわかに信じられませんでしたが、民放の放送局ではなくNHKがその事実を確認せずに放送する事はないでしょうから、信じる事にしました。



人間でいうと200歳は越えてるんじゃないかという年齢ですが、仏様の力でこんなに長生きできたという事でしょうか?


家の子達もそのくらいに長生きして欲しいなと願う店長でした。

人と同じな老化現象(呆け)

comments(2) -
当店の副店長の「ラン」はもうすぐ13歳、年が明けるとすぐに14歳になります。


人間でいうと70歳ぐらいという事になります。



彼女の老化を感じ始めてのは昨年あたりから。



白内障で見た目で黒目が白くなってきた事。




今年に入り耳がほとんど聞こえなくなってきているという事。



うんちの切れが悪くなってきた事。



腰が少し曲がってきた事。



等々、いろいろとあるのですが、一番「え〜っ」と思ったのは今年に入り異常な程の食欲となった事です。



朝の食事を終えても、台所のフードボールの前に座りボールを前足でたたき(※からんと音を鳴らす)私にご飯を何度も催促するようになりました。






一度与えても、寝ている時以外起きている時は食器を鳴らして催促している、又は鼻でいろんな所をクンクンして食べ物を探している状態が多くなりました。



犬の視力・聴力・嗅覚の中で、最後まで残るのは嗅覚だといわれているのでそうなるのでしょう。



先日も獣医に連れて行った時の待合室で、他のわんこやここはどんな所なのか?と一生懸命に鼻先を伸ばしてクンクンしてました。



先生にも食欲が異常にある事を相談すると「一つの呆け」かもという事で、しょうがないのでしょうと言われました。



先生曰く、「でも一日に何回おやつをあげてもそんなに太らないでしょ」と言われ、そういえば毎日ご飯におやつと数回あげているけれど、体重の増加はさほどありません。




肥満はいけないとわかってはいるので、なるべく野菜や魚のおやつ等のの低カロリーをあげてはいますが。




硬いもをあげると食べずらいようになったので、柔らかいものにするとすぐに食べ終えて又頂戴と催促するので、柔らかいものだけではなく、馬軟骨(骨はもう噛めないですが、周りの肉やすじを食べます)たらのおやつや食道のおやつ等の少し歯ごたえのあるものをあげると、時間をかけて食べてくれるので、柔らかいものと硬いものを交互にあげるようにしています。




又、今は1時間は歩いてお散歩していますが、筋肉を落とさないように続けた方がいいと獣医の先生も言ってくださったので、これからも続けていこうと思います。



以前むつごろうさんの番組で老犬特集があった時にむつごろうさんも




「老犬は食べなくなるか、お腹が破裂する程食べるかの二つに分かれる子が多い」と言ってらっしゃいました。



皆さまもお宅もわんちゃんも家のランのように異常な程の食欲になる事があるかもしれませんが、それは人間と同じ呆けと同じ「老化」の症状なのかもしれません。



このブログを書いている間もランはフードボールの前に座り、たたいてご飯を催促しています。(笑)




呆けているのかもしれませんが、呆けてきているというを認めたくはありませんが、なんでも美味しくたべてくれる姿を見せてくれる事は幸せなのかもしれません。


災害時、ペットは原則一緒に避難 環境省が初指針

comments(0) -
今日は朝から嬉しいニュースを見つけました。




それは環境省の指針の発表



**********************************


環境省は20日、大災害時はペットの犬猫は飼い主と一緒に避難させることを原則とし、地方自治体に態勢整備やルール作りを促す「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン(指針)」を作成した。



東日本大震災を教訓にまとめた。同行避難を明記した指針は初めて
全国の自治体に配布し、国の防災基本計画にも盛り込む

 

指針は、自治体や飼い主などが普段から準備するべきことと、発生時の対応を列記した。

 

飼い主には、ペットが迷子にならないように飼い主の情報を記録したマイクロチップや名札を付けるよう促し、少なくとも5日分の水とペットフード、予備のトイレ用品などを備蓄するよう求めた。避難所で他の人に迷惑をかけないためのしつけや、避難ルートの確認などの対策も示した。



**********************************



今までもし災害がおこっても、皆が避難する場所へは絶対にいけないと思っていました。



でも、このような同行避難が国によって定められると、避難所へ行く行かないは別にしても安心ですよね。



犬の老後は

comments(0) -
先日熊本のテレビで「老犬ホーム」についての放送がありました。



熊本の菊池に「老犬ホーム」があります。




老犬ホームがある事は知っていましたが、さほど我が家には関係がないかな?とあまり深く考える事はありませんでした。



自分的に自分で面倒を見れないからお金を出して人に預けるというのはいかがなものか?と思っていたのかもしれません。



でも、テレビを見て施設の方が


最後を家族にみとられて終えるのが一番ですが、飼い主の入院や痴呆による夜泣き等、やもうえずの時には老犬ホームという助けてくれる所があるという事をわかって欲しい」(私が受け取った印象)



我が家の年長のぷーは13歳。毎朝私と一緒に一時間30分散歩するくらい元気ですが、老犬と言えば老犬です。



他にも3わんいますので、4わんの最後をみとる覚悟でいます。



が、今後自分の身になにがあるかはわかりません。



今回「老犬ホーム」という放送はたまたま見ましたが、今後誰かが困っている時に教えてあげようと思いました。

高齢犬の食事

comments(0) -
1.2月号のJKCの会報ガゼットの特集が「高齢犬の食事と暮らし」でした。


我が家の年長犬でmeefdogの副店長の「ラン」も年明けると13歳です。


最近は耳が遠くなり、足腰も少し弱くなってきました。


美味しい馬肉のおかげで、食欲は一年を通して落ちる事はないのですが、やはりこのような特集は興味があるものでした。



■7歳を目安に
高齢期で食事の内容を見直すのは7歳ごろと言われていますが、あくまでも目安で個体差があるので、大型犬は5歳型犬は10歳前後と言われています。


■高齢期の栄養管理のポイント

○低カロリー
高齢期は代謝能力や運動能力が低下して、消費エネルギーが減ります。

カロリーをとりすぎると太り、肥満になるとさまざまな病気が起きやすくなります。


○低脂肪

脂肪は少なければ少ないほど良いと思っている方がいますが、それは間違いです。

脂肪のとりすぎは肥満を招きますが、必須脂肪酸(馬肉に含まれる脂肪)が欠乏するとさまざまなトラブルが起きてしまいます。


手作り食は脂肪が少なすぎる例がありますから、気をつけてあげましょう。



○高タンパク

高たんぱく質というと肉や魚を沢山与えればいいと考える人が多いと思いますが、高タンパクの高は「高品質」の意味を含むので、たとえば卵のような「アミノ酸バランス」が良い食品は実際に食べる量は少なくてもよいのです。


○リンの過剰摂取を避ける

肉や魚に含まれるタンパク質に多く含まれるリンは骨や歯を作る働きのミネラルで成長期には欠かせない栄養素ですが、高齢期に過剰摂取すると腎臓病の進行を早めてしまいます。



○ナトリウムの過剰摂取を避ける

塩に含まれるナトリウムは生命維持に欠かせないミネラルですが、高齢期の場合は腎臓に負担をかけてしまいます。


○消化の良いものと食物繊維を

消化器官の働きが低下する高齢期は、下痢や便秘を起こしやすくなりますので、消化のよいものと食物繊維を適量あたえてあげましょう。


以上、JKC会報ガゼットより*********
















わんこのアレルギーについて

comments(2) -
今月号のJKCの会報の「Gazette」に犬のアレルギーの治療と対策という記事が載っていました。



今はアレルギー反応がないわんちゃんでも、今後現れる子もいるかもしれませんので、少し掲載させていただきたいと思います。



アレルギーの中でも一番飼い主を悩ませるのが皮膚炎です。



皮膚炎は大きく4つの種類に分けられます。


「アトピー性皮膚炎」

何らかの原因でかゆみを生じ、かきむしる。
犬の場合は3〜5歳までに発症し、年々症状がひどくなる事が多く季節により症状の程度が変化する事があります。


「食物アレルギー」

文字通り食べ物に含まれるたんぱく質に反応して皮膚に炎症がおこります。
犬の食物アレルギーの症状の現れ方はアトピー性皮膚炎と似ていますが、異なる点は高齢になってから発症する事が多いです。




「ノミアレルギー性皮膚炎」

ノミや蚊から刺される事で起こる皮膚炎ですが、特徴としては一時的・局所的な症状ではなく、腰やしっぽの付け根などに強いかゆみや赤い湿疹などの症状が現れるのが特徴です。





「接触皮膚炎」


科学物質や薬剤、金属などの成分に反応して起こるものです。
よく金属製の食器を使っていて、口の周りが赤くなる子がいます。
他には床のワックス剤にアレルギー反応を起こす子がいます。



治療にはアレルギー検査をしアレルゲンを特定し、かかりつけの獣医と相談をして治療法を決める。



以上、JKCの会報の「Gazette」*****************



我が家のわんこの一人は食物アレルギーでお肉は馬肉以外はアレルギー反応がでますので、365日ご飯もおやつも馬肉メインとなっています。



発症したのは6歳くらいでしょうか。


最初は目の周りの毛がごっそり抜けました。


その後脱毛する事はなかったのですが、その後定期的にひどい下痢をするようになりました。



都度病院でお薬と注射をしていただき、予後はよくなるのですが、


「何故、こんなに下痢をするのだろう」

「目の周りの脱毛した事も何が原因だったのだろう?」と考えるようになりました。


で、下痢をする前日のご飯がいつも鶏肉メインの食事だった事に気付いたのです。(だから定期的だった)




獣医さんからは「食物アレルギー」とは言われていませんが、毎日毎日の食べた後の様子からアレルギーと私は判断しました。



まさか家の子がと思っていたので、その思いはびっくりはしましたが、それからお肉を馬肉のみにしてからは、下痢する事もなく皮膚の状態も安定しています。(夏場除く)



アレルギーテストも行っていませんが、食べた後に体に合わないものは目やにがすぐに出ます。


特に合わない食べ物は下痢をします。(鶏肉及び特に内臓は駄目)


私にわかりやすくアレルゲンを教えてくれる、親孝行な娘です。(笑)


食物アレルギーのある子のシャンプーについて


これは我が家の食物アレルギーのある子をシャンプーしていて思った事です。どの子にもあてはまるわけではないと思いますが、お悩みの方がいらっしゃったらと思い書きますね。



家の食物アレルギーのある子は毎日馬肉食にしていても、夏場だけ皮膚の状態が悪くなります



皮膚が赤くなり、痒み(さほど酷くはない)があると薬用シャンプーで洗いたくなりますよね、



私も家の子に最初は薬用シャンプーをしていたのですが、ずっと使い続けるうちにシャンプーをした翌日は下痢をするようになりました。


薬用シャンプーだけでは皮膚の状態も全くよくなりませんでした。
痒みも赤身も・・



なので、特にひどくなったら獣医さんへ行き、食物アレルギーのあるという事を前提で薬(10日分)をいただき、シャンプーは馬油石鹸を使うようにしました。



するとすぐに皮膚の状態もよくなり、痒みも全くなくなりました。



それからはシャンプーは肌に優しいシャンプー(馬油石鹸)で洗うだけにしています。




食物アレルギーは体の中からの反応として、皮膚の状態が悪くなるので、皮膚の表面を薬用で洗っても意味がないわな〜なんて今は思います。






馬油石鹸は香りはあまりありませんので、ものたりないと思われる方もいらっしゃるかと思います。




けれど、お肌に優しいシャンプーをお探しの方には、自信を持ってお勧めいたします。







ヘルシーなおやつ

comments(2) -
皆さま、わんちゃんと一緒に楽しいクリスマスを過ごされた事と思います。


我が家では25日に誕生日を迎えるわんこがいますので、今年は10歳という事でジャンボな手作りケーキでお祝いしました。
※同じケーキを小さくしたものが販売していたケーキです。




トッピングに馬肉を野菜を少々と、前菜・メイン・デザートも全てを一緒にしてあげました。


少々大きすぎたので、翌日も食べていただきましたけど連日でも皆さんに大好評でした。



美味しい御飯を沢山たべる→肥満が心配



なぜか1わんだけ太っているのですよね〜



その子の為にも少し痩せてもらわないといけません。


そんな時にヘルシーなおやつを見つけました。


それは御飯にもトッピングしていた焼きのり。


カロリーも1枚で6キロカロリーとかな〜りローカロリー。


熊本は有明海があるのでとても美味しい海苔が手に入るので、焼いてあげました。






焼いているそばから「食べたいよ〜」と訴える方が


※この方が痩せなければいけないわんこの「そら」。


一枚を4カットしてあげると、足の下に敷いて器用に口でちぎりながら食べるんです。




ぱりぱりとそれは良い音をたてて食べます。


他のわんこも同じように自分でちぎりながら〜




こんな風にわんこにおやつをして海苔を焼いてあげているのを見た友人が「家はオール電化だから焼きのりにするのはトースターなのよ」


と言ってました。


トースターで焼きのりを作るのは時間が難しいらしく、すぐに燃えてしまうらしい。



オール電化にしてない家でよかった。



皆さまのお家のわんちゃんも焼き海苔は食べますか?



特にダイエット中のわんちゃんにはお勧めしま〜す。

歯周病 なるときはなるのです。

comments(0) -
今日は歯周病の副店長のランが病院へ行く日。


前回の検診から10日あまり、病院からもらった抗生物質と私の考えで秘薬を使いどうにか膿が引き、目の下の膿も出なくなり腫れも引いてきました。


今回病状が以前とあまり変わらない時は多分手術になるかもと思っていたので、先生から、後少しお薬を飲むだけでよいでしょうと言っていただき内心ほっ。。楽しい



全身麻酔は年をいっていると怖いし、何より前回と違い今回膿んでいる歯がしっかりと生えているので、手術が大変と先生から伺っていたからです。



でも、先生から1回歯周病で膿が出た子は又同じようになる事が多いと伺ったので「何に気をつけたら再発しないですか?」とうかがいました。



で、先生は

「なるときはなる」とあっさり言われました。



「えっ、、。」



今さらながら歯ぐきをきたえても、歯石とりをしても無駄なのですね。


やはり若い時からの歯石とり&歯ぐきを鍛える事が一番大切のようです。


小型犬のママさん、歯石だけではなく硬いものを食べさせて歯ぐきの血管も鍛えてあげてくださいね。
※ブログをご覧いただいたおかげか、馬骨人気です。
 


私との病院へのドライブで、一人っ子気分を満喫して、おりこうにしていたご褒美に馬背筋ジャーキーをもらい、喜んで食べる副店長「ラン」です。






PEPPYの春夏号にも丁度犬の歯についていろんな情報がのってました。


犬の歯は人間のように食べ物を咀嚼する習慣がなく、食べ物を噛み切る役目をしています。


犬の口内は人と違いアルカリ性なので、虫歯菌が繁殖しにくく歯にくぼみが少ないので虫歯になりにくく、逆に口内がアルカリ性の為歯垢が石灰化して歯石になりやすいので、人より歯周病になりやすい。



犬の歯周病は成犬の8割がかかっているといわれるほど、犬に多い病気でランのように前臼歯の根に炎症を起こすと、目の下に膿がたまって腫れてきたり、はたまた犬歯の根が炎症を起こすと周囲の骨が溶けて、口と鼻がつながってしまい、鼻水や鼻血など、歯のトラブルとは思えない症状が出る事もあるそうです。


※今月獣医さんへ行かれる方はぜひPEPPYをもらってご覧くださいね。







噛みちぎる食事の大切さ(わんこの歯周病)

comments(0) -
今日は朝から獣医さんへ行ってきました。


副店長「ラン」の歯周病の検診です。


歯周病と言われても、見た目ではわからないわ〜どんなのが歯周病なの?
と思われている方も多いと思います。


私も一度目はその症状が歯周病によるものだとは思いもしませんでした。


病院歯周病の症状病院


1、目の下が少し赤くなる。
 (テディカットのプードルはわかりにくいでしょう)

2、赤くなった部分が日に日に腫れてくる
 (歯肉から入った黴菌から膿がたまってくる)


3、ぱんぱんに腫れた後、破れて膿がでる。

  前回は虫さされかな?と思っていたら、破れて膿らしきものが出てあわてて獣医さんの元へ行きました。


そこで初めてその症状が歯周病だという事がわかり、その後も腫れがおさまらなかったので、手術をして奥歯を3本抜きました。



で、今回は反対側が腫れだしたので、早目にお薬を飲み始めたのですが、みるみるまに大きく腫れて今回も爆発。。。



で、破れた直後にも病院へ行ったのですが、先生から後は落ち着くのを待つしかないと言われ、今日の検診になりました。



ちなみにこの症状は破れて1週間。
これでも少し腫れがとれた状態です。
(ちょっとグロイです)





前回左側の歯はぐらついていたので、手術も楽だったそうですが、今回の右の歯はかなりしっかりしているので、手術は難しいとの事。


で、そこでかかりつけの先生からとても良いお話を伺いました。
こざん動物病院




犬の奥歯は人間のように食べ物を噛み砕くためにあるのではなく、


噛みちぎる為にある




先祖の狼や昔の犬は生肉や生骨を食べて、奥歯で噛みちぎり歯石がつかないようにしたり、歯ぐきにある神経に刺激を与えて口の中を鍛えてきた。



その刺激により歯周病になる事はなかったそうです。



言われてみれば、テレビでライオンや他の肉食獣の食事は捕獲した獲物を噛みちぎりながら食べていますよね。




で、今のわんこ達は骨等の噛みちぎる(骨についたお肉を噛みちぎりながら食べる)食べ物を与える事が少なくなり、特に小型犬の歯周病が多くなってきたそうです。



それも若い時から

噛みちぎる食べ物を与えないと


歯周病になるリスクは減らない
との事でした。悲しい




確かに副店長のランは馬骨を食べ始めたのがシニアの年齢からで、お口の中の匂いは取れましたが、神経への刺激(歯ぐきを鍛える)は残念ながら遅かったようです。





馬骨に出会う迄は、「グリニーズ」やら「牛皮ロール」等の歯石とりに有効と言われる固めのおやつはあげてはいましたが、たしかに嗜好性はありましたが、噛むだけで、食いちぎるという食べ方ではありませんでした。



実例として、ランの娘のイブは4〜5歳から馬骨を食べ始めたおかげで、ランが初めて歯周病になった9歳と同じ年に今はなりましたが、歯も歯茎もとても綺麗です。



馬骨は喜んで食べるけど、胃腸の弱い子(消化する力が弱い)はお腹を壊す子がいるのでどのわんちゃんにもお勧めできるものではないとは思いますが、将来ランのようにならないように若いころから噛みちぎる食事やおやつを与えてあげて欲しいものです。



特に小型種のわんちゃん


副店長のランのようにならないでね。。


ホルバージャーキーもお客様から喜びの声を頂いてます。
 かなりお勧めですよ〜
 こちらも噛みちぎりながら美味しく食べます。
 



*****おまけ*************


昨日、夕食を作る時に「トーマス」に出会いました。
※またまた私の妄想で命名





熊本はなすびの産地なので、今年何十本も食べてますが、こんな人間味のあるなすび君は初めてでした。


その後美味しくいただきましたので、トーマスは成仏してくれた事と思います。













熊本から震災地のわんちゃんへ

comments(2) -
3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震により被害を受けられた皆様とその家族であるワンちゃんに、フードやおやつを送りたいと思っている方は多いと思います


しかしながら、今現在は輸送手段がなく又、今は震災地への県庁への問い合わせの電話は迷惑になる事もあります。


熊本県では本日より震災の情報収集及び



被災地が実際に必要とされている物



をすぐに送れるように物資を提供できる方の登録を始めています。



私もフードとおやつ&レトルト等の登録をさせていただきました。




被災地からそのものの要求があった時に連絡をしてもらえるようになっています。



熊本の方で何か物資を提供できるものがある方、ぜひ熊本県庁へお電話をお願いします。



電話 333−2192



よろしくお願いいたします。


  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM